中小企業の未来を考える経営コンサル
ティング株式会社ブレインマークス

STAFFスタッフ紹介

クライアントパートナー

前田 くるみKURUMI MAEDA

2019年新卒入社

私の就職活動での軸は「自分の知的好奇心が役立つ仕事に就くこと」でした。昔から「知りたい!見たい!理解したい!」と思う心が人一倍強く、学生時代は先生をみつけては質問する学生だったため、せっかくならこの知的好奇心が役立つ仕事がしたいと思っていました。その中で様々な業界の知識、問題解決の知識が必要な「経営コンサルティング」という業種に出会い、色々な会社を見たいという好奇心に突き動かされて受けたのがブレインマークスでした。

その中で、入社したい!と感じた一言があります。それは「本は読みますか?」という質問です。他社の面接で聞かれたこともなく、「え?」と感じましたが、よく聞いてみると「うちは本をとても読む会社だから…」「読書感想文や、本購入の制度もある」と聞き、勉強したい!という私の意欲を受け入れて、後押しもしてくれる土壌があるのか…!と、とても感動しました。この会社を逃したら自分の軸に合う会社が出てこないかもしれないと直感で感じ、入社したい!とアピールした結果、今に至ります。インターンを経て入社させていただいた今も、この直感は間違っていなかったと思っています。

今後実現したいことは2つあります。まず、1つ目はたくさんの知識を吸収し、それをアウトプットできるようにしていくことです。今はまだ知識の吸収も追いつかない状況ですが、ゆくゆくは吸収した知識をアウトプットし、誰かの役に立ちたいと思っています。

2つ目は会社・社会の役に立てる自分の「個性」を見つけていくことが目標です。日々の業務を通じて「自分の誰にも負けない個性」を見つけ、それを磨き社会の役に立つように発揮したいと考えています。そのために、今は目の前のことを一つひとつ前向きに取り組んでいきます!