中小企業の未来を考える経営コンサル
ティング株式会社ブレインマークス

BEGINNER初めての方へ

なぜ、大半の中小企業が
失敗するのか?

当社のウェブサイトにお越しいただきまして、ありがとうございます。
弊社は年商1億~5億円のビジネスを「年商10億円企業に変革する仕組みづくり」を支援しています。
私たちは2001年の創業以来、多くの企業を支援してまいりました。

その実践の中で導き出したのが、10億円企業の仕組みをつくる「6×15の経営理論」です。

残念なことに10年で85%の会社が消滅します。

毎年、多くの起業家が夢を持って独立します。
しかし残念なことに、独立した企業が成功する確率は極めて低く、起業後1年で50%が消え、5年で75%、
10年で85%の会社が消滅します。

何とか、サバイバルレースに生き残ったとしても、社長が朝から晩まで必死で働いて運営しているにもかかわらず、
倒産、廃業の危機に常にさらされているのです。

2001年に設立した弊社も、その流れの中で、多くの企業の経営支援を行なってまいりました。
特に人の採用が難しい時代背景もあり、その流れは加速しています。
ではなぜ、多くの中小企業の社長は、コンサルタントを利用するのでしょう?
今までに弊社のお客さまからお伺いした7つの活用理由をご紹介します。

社長の多くは一番忙しく、一番の稼ぎ頭というのが問題です。

社長が一番の稼ぎ頭です。年中、働きづめの社長の多くは、知らず知らずのうちに、
自分しかできない仕事を増やし、この状況に陥ってしまっています。

売り上げのほとんどを社長が稼ぎ、資金繰り、取引先との交渉、接待も社長の仕事です。
社員が成長しないことを嘆きながら、社員教育も担当します。社員が辞めれば、その穴埋めに奔走します。

つまり、「エース俺、四番俺、コーチ俺、代打も俺」の状態なのです。

社長が稼いで成長への投資をしなければならない状況に
とどまり続けてはいけない。

上司にとやかく言われず、金銭的な不自由もなく、誰もがうらやむような自立したライフスタイルを楽しみたい、
と思い独立したにも関わらず、自分の持っているもの、将来、貯金、自宅、時間、人間関係のすべてを投資して、
ビジネスの成長と維持のために働き続けるのです。

社長は、友人にこのように言っているかもしれません。
「自分で会社を持つことは素晴らしいことなんだ。収入も申し分ないし、仕事も気に入っている。
ただし、自由には代償もあるんだ・・・」
と。

たしかにビジネスの成長過程で、社長が稼いで成長への投資をしなければならないステージもあります。
しかし、その状況にとどまり続けてはいけないのです。

中小企業に共通する「経営の6大課題」とは?

このような状況に陥った社長は、共通の課題を抱えています。
それを私たちは、中小企業に共通する「経営6大課題」と呼んでいます。

以下の課題に自分の会社を当てはめてみてください。
3つ以上、当てはまったらならあなたの会社は「年商10億を超えて成長する仕組み」のない会社かも知れません。

経営の6大課題

課題1
社長の限界=会社の限界

売上のほとんどを社長が稼ぎ、現場から離れられない

課題2
社員に自主性と成長意欲がない

言われたことしかしない社員が多く、自主的な工夫や改善がない

課題3
組織がひとつにまとまらない

会社の雰囲気が悪く、チームワークがなくバラバラ

課題4
人が育たない / 採用できない

人が定着しない、良い人財から辞めていく、人が採用できない

課題5
仕組みではなく人に依存している

人によって仕事の成果がバラバラで、誰かが辞めれば問題が生じる

課題6
業績拡大できない / 収益性が低い

必死で働いているが生産性が低く、儲からない

なぜ、「経営の6大課題」に繰り返し悩まされるのか?

なぜ、多くの中小企業が共通の課題を抱えながらも、その課題を解決できないでいるのでしょうか。
課題が解決できないことにも、共通の問題が潜んでいるのです。

課題解決できない3つの問題

  • 問題1

    経営課題の
    本当の原因が
    分っていない

  • 問題2

    原因が分っても、
    解決する仕組みのつ
    くり方
    が分らない

  • 問題3

    仕組みのつくり方
    が分っても社員が
    協力してくれない

この3つ問題をクリアすることが出来ないために、
多くの社長が繰り返し起こる問題に翻弄されているのです。

例えば、「会社がまとまらない」という同じ経営課題を抱えた会社があったとします。

「同じ課題=同じ原因」で引き起こされているなら、解決策はシンプルです。しかし、現場に入ってみると、
その原因は同じとは限りません。

会社がまとまらない理由が、「社長の社員に対する無関心」が引き金であったり、
「ビジョンが不明確で漠然とした不信感の蔓延」が原因であったり、そもそも、「採用基準が曖昧で採用ミスの繰り返し」が原因であったりするのです。

「経営の6大課題」を解決する方法を体系化

私たちは、この「経営の6大課題」を解決するため、成長企業の事例を集め、分析をし、その共通性を探しました。
米国コンサルティング会社から学び、日本企業に当てはめて翻訳しました。

そして、10年の月日をかけて、「年商10億を超える仕組みのつくり方」を体系化することに成功したのです。
中小企業の「6大課題」を「15の解決策」で根本から解決に導く「経営ワクチン」。
それが、「6×15の経営理論」なのです。

私たちが生み出した「15の解決策」を下記にご紹介します。

6 X 15の経営理論

  • 解決策1

    社員に自主性を
    生み出す組織作り

    リーダーシップ

  • 解決策2

    社長が3ヶ月不在でも
    成長する仕組みづくり

    マネジメント

  • 解決策3

    「今いる社員が成果をあげる」
    企業文化・風土づくり

    企業文化・風土

  • 解決策4

    自社の「優位性」の
    つくり方

    経営戦略

  • 解決策5

    「高成長を生み出す
    ビジネスモデル」の設計

    ビジネスモデル

  • 解決策6

    「高収益ビジネスパッケージ」
    の設計

    商品設計

  • 解決策7

    「仕事から属人性を無くす」
    人財教育システム

    人財育成システム

  • 解決策8

    「平凡な人財が着実に成長する」
    人財育成の仕組みづくり

    人材評価・給与制度

  • 解決策9

    「必要な人を必要に応じて採用
    する」仕組みづくり

    リクルーティング

  • 解決策10

    「最高の見込み顧客と出会う」
    仕組みづくり

    マーケティング

  • 解決策11

    「セールス確率を向上する」
    仕組みづくり

    セールス

  • 解決策12

    「その他大勢から抜け出す」
    ブランド構築

    ブランディング

  • 解決策13

    「生産性1000万円を実現する
    分業」の仕組みづくり

    業務の標準化

  • 解決策14

    「責任と役割を明確にする」
    オープンブックマネジメント

    業績管理・分析

  • 解決策15

    「ビジョンを実現する」
    経営計画書の作成と運用

    経営計画書

「成長を続けている会社」と「伸び悩む会社」の違いとは?

私たちが多くの中小企業を支援してきた分ったこと、それは、「成長を続けている会社」は、
「型」を知っているということです。多くの中小企業は、この「型」を知らずに活動をしています。

ですから、成長は、一部の「型」を知っている「勝ち組」に集中しているのです。
私たちはこのことに気がついたのです。

型を知ればできるようになる

  • 成長の道筋をイメージすることが出来るようになります。
  • 一歩一歩、成長企業の階段を上っている実感を得ることができます。
  • 社員の自主性を生み出すことが出来るようになります。
  • 社内の雰囲気が良くなり、よい人が採用できるようになります。
  • 職場コミュニケーションにストレスがなくなります。
  • 社員の働く誇りとやりがいを与えることが出来るようになります。
  • 経営者としての経験を積み、ステージを上げていくことが出来ます。
  • お互いを認め合いながら成長する社風をつくることができます。
  • 生産性を上げて、給与も良くなります。

その取り組みを導くのが、
「6×15の経営理論」なのです。

私たちは、「関わる人を幸せにする10億円企業をつくりたい」と願う経営者、
成長意欲の高い方々と共にチャレンジし、成長していきたいと
考えています。

同じ志をもった経営者の皆様とお会いできることを楽しみにしています。