365日、社長として働くあなた
こんなことで悩んでいませんか?

TROUBLE

  • 会社の売上の殆どは、社長が自ら稼いでいる
  • 言われた事しかしない社員が多く、指示しないと動かない…
  • 事業を拡大するほど、私(社長)ばかりが忙しくなっていく…
  • 会社の雰囲気が悪い、チームワークがなくバラバラ
  • 年商5億、10億円を目指しているが、道のりが見えない…
  • 必死に働いているが、生産性が低く、儲からない
  • サラリーマン時代より、収入は増えたが自由な時間がなくなった…
  • 私(社長)の思いが伝わらず、孤独を感じることが多い…
  • 右腕社員に裏切られて何を信じていのかわからなくなった
  • 人が定着しない、リーダーが育たない、優秀な人材を採用できない…
  • 属人的な仕事が多く、人が辞めると問題が生じる…

こんな悩みを抱えていた人が
どんな結果を出すことができたのか?
(ほんの一部をご紹介します)

世界10万社の中小企業が既に実証済み!
40年間、実践を積み重ねた
米国経営プログラムが論理的支柱

今回、無料でプレゼントする「社長が3ヶ月不在でも事業を拡大する-3ステップオンライン講座」の理論的支柱は、アメリカの著名なコンサルタント「マイケル.E.ガーバー氏」によって提唱されている「E-Myth」(イーミス)という「経営を仕組み化する経営プログラム」です。

マイケル E. ガーバー氏は1977年に中小企業向けの経営コーチング会社を設立。以来160カ国、10万社の中小企業の事業を拡大することを手助けしてきました。

40年間、中小企業の支援に携わり、米国の企業向け雑誌として有名なInc誌から

「World’s #1 Small Business Guru(世界で最も優れたスモールビジネスの権威)」

と評されたコンサルタントです。 彼の著作「E-Myth Revisited」は、は中小企業経営者のバイブルとして、世界16カ国語に翻訳され、500万部以上のベストセラーです。

また、米国成長企業500社のCEOが推薦する書籍として、「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、ナンバーワンを獲得しています。

世界118の大学で、起業家育成の教科書としても用いられています。

日本でも翻訳され、邦題「はじめの一歩を踏み出そう」として10年以上も読み継がれるベストセラーです。 私たち、ブレインマークス社では、2011年~2017年までの7年間、マイケル E. ガーバー氏が世界展開する起業家・中小企業向け事業成長プログラムを教える認定ファシリテーターとして活動をしてきました。

その活動の中で、マイケル E. ガーバー氏から直接の指導を受け、日本の中小企業が、最短で成果を上げるように、試行錯誤を繰り返してきた内容を凝縮して、3ステップオンライン講座でお届けします!

動画で学ぶ無料プログラム
社長が3ヶ月不在でも事業拡大する方法
ステップオンライン講座
無料プレゼント動画の具体的な内容とは?

PROGRAM 1

10年後の生存率15%に共通する
「たった一つの勘違いとは?」

毎年、多くの起業家が夢を持って独立します。

しかし残念なことに、独立した企業が成功する確率は極めて低く、起業後1年で50%が消え、5年で75%、10年で85%の会社が消滅します。

何とか、サバイバルレースに生き残ったとしても、社長が朝から晩まで必死で働いて運営しているにもかかわらず、倒産、廃業の危機に常にさらされているのです。

では、事業を倒産・廃業させてしまう社長と、事業を拡大していく社長との違いとは一体何なのでしょう?

もちろん、個別事情はあるでしょうが、その原因の大半は、「たった一つの勘違い」によって引き起こされています。

しかし、この事実に気づいている社長は、ほんのひと握りしか存在しません…。

そのため、大半の中小企業のオーナーは、終わるあてもないラットレースを続けるしかないのです。

【プログラムの一部をご紹介します】

1. 中小企業の経営がますます複雑になる時代背景とは?

2. 10年間で100社のうち、80社が倒産・廃業する事実

3. なぜ、大半は中小企業は事業に行き詰まりを感じるのか?

4. 事業の拡大とは、そもそも何なのか?

5. 事業拡大に立ちはだかる「○○病」がある?

6. 売上1億、3億、5億、10億円にある壁の正体とは?

7. 社長のほとんどが事業拡大に対して「たった一つの勘違い」をしている?

8. 「たった一つの勘違い」から起こる○○○○○とは?

9. なぜ、「たった一つの勘違い」から抜け出せないのか?

10. 「たった一つの勘違い」から○○○○○へ

PROGRAM 2

1秒でも早く知ることで
事業拡大スピードが変わる

「オール・システム思考とは?」

あなたの会社では、下記のような課題が、何度も何度も、繰り返されてはいないでしょうか?

課題1)売上のほとんどを社長が稼ぎ、現場から離れられない

課題2)言われたことしかしない社員が多く、自主的な工夫や改善がない

課題3)会社の雰囲気が悪く、チームワークがなくバラバラ

課題4)人が定着しない、優秀な人材が採用できない

課題5)属人的な仕事が多く、誰かが辞めると問題が生じる

課題6)必死で働いているが生産性が低く、儲からない。

もし、「2つ以上」思い当たるなら、「オール・システム思考」は、あなたの会社に大きな違いをもたらすことになるでしょう。

私がこの思考法に出会ったときの感想は、「10年前に、いや、せめて5年早く出会っていたら、こんなに苦労しなかったのに…。」でした。

あなたは何を感じるでしょう?

【プログラムの一部をご紹介します】

1. 社長の思考をシンプルにする「オール・システム思考」

2. 中小企業に共通する6大課題とは?

3. 課題に当てはめるとわかる!「オール・システム思考」

4. 会社に○○○があるだけで、展開スピードが違う!?

5. 優秀な人材がいないから、経営が上手くいく!?

6. 事業拡大に立ちはだかる「システム化」の壁とは?

7. 世間で言われているシステム化(仕組み化)の正体とは!?

8. 「オール・システム思考」からしか得られないものとは?

9. 会社を自動操縦するには、○つのシステムが必要

10. 「オール・システム思考」に必要なことは?

PROGRAM 3

社長不在で事業を拡大している
社長だけが知っている
「事業のパッケージ化とは?」

私たちが、常に問い続ける必要がある重要な問いがあります。

私(社長)が現場を離れても、事業を拡大するには、何が必要だろう?

あなたは、この問いに対する明確な「答え」を知っているでしょうか?


既に成功している会社は、偶然に成功を手に入れたわけではありません。

成功すべくして成功しています。つまり、この問いに対する「答え」を知っているのです。

そのため、ムダのない取り組みができ、最短距離で「答え」を手に入れます。

それに対して、中小企業においては、この「答え」を知っている社長は、ほんのひと握りしか存在しません…。

当然ですが、「答え」を知らないまま努力を続けていれば、遠回りをし続けることになります。こんなにもったいないことはありません。

【プログラムの一部をご紹介します】

1. セールスだけでは、事業拡大に限界がある!?

2. 組織化だけでも、事業拡大に限界がある!?

3. あなたの会社に「事業拡大の視点」を取り入れるには!?

4. 顧客の視点から見るとわかる「よい○○」とは?

5. 先に「答え」を知れば、最短距離でたどり着く!

6. 偶然ではなく、成功すべくして成功している!?

7. あなたの会社は、○○○○○展開できますか?

8. 「事業のパッケージ化」が事業の出口を変える!?

9. 「事業のパッケージ化」の実現に必要な7つの力学

10. 「システム化」+「○○づくり」= 経営者の仕事

ビジネスの拡大だけでなく、
「社長の人生が大きく変わる」
こともプログラムの特徴

FEATURE

大げさに聞こえるかも知れませんが、クライアントの声の一部をご紹介します。
  • 社員が熱心に働くので、孤独を感じなくなりました!
  • 経営者としての自信をもって経営できるようになりました!
  • 労働時間を減らしながら、収入を伸ばすことが出来ています!
  • 突然の病気で4か月入院しても、会社は成長し続けています!
  • 社員の離職がなくなり、ストレスなく経営ができています!
  • 「いい会社をつくる経営者」として、一目置かれるようになってきました!
  • 同業者や地域の経営者から、会社見学の要望を受けるようになりました!
  • 経営者団体から、講演を依頼されることが増えました!
  • 「ぜひ、御社に入社したい!」と言われることが増えました!

「会社の自動操縦システム」を身につけると、経営者としての信用、ステイタスが大幅に向上するのです。

これらのことは、中小企業の社長なら「会社の自動操縦」は、「誰もが手に入れたいが、手に入れられないもの」だという証拠 ではないでしょうか?

中小企業の社長が、
手に入れたくても、
手に入れられない
ものとは?

THING YOU WANT

中小企業の現状を振り返って見たいと思います。

あなたの会社に、当てはまるでしょうか?

中小企業を立ち上げる社長の大半は、一時的な独立熱にうなされた職人です。

ビジネスを立ち上げたといっても、勤め先を変えただけで、誰かのために働くのではなく、自分の会社の存続のために働いています。

そして、自分の持っているもの(将来、自宅、時間、人間関係、人生の選択肢)のすべてを投資することになるのです。

もちろん、それぞれの社長は、大まかなビジョンは持っています。

「上司にとやかく言われず、金銭的な不自由もなく、誰もがうらやむ自立したライフスタイルを楽しみたい」とうのが典型的なものです。

まるで、セミナーや自己啓発本に出てくるような話ですが、このような夢が実現することはほとんどありません。

このことは、
創業した会社の8割が10年以内に倒産・廃業に追い込まれる現実からも明らかです。

ご承知の通り、中小企業を経営することは、決して簡単な道のりではないのです。

また、こういう言い方もできます。

あなたが誰かの会社で働いているときには、給料を支払うのは他人の仕事でした。

何があっても給与は受け取ることができました。

しかし、あなたがビジネスを始めれば、給料を支払うのはあなたの仕事になります。

給与を支払う余裕がなくなれば、屈辱的な思いをすることになるのは言うまでもありませんが、支払う余裕があるときでさえも、期待通りの仕事をしてくれない社員のことを嘆くことになるのです。

もし、あなたが社員を雇っていても、売上の大半はあなたが稼いだものではないでしょうか。

社長が自由を手に入れるには
「代償」が必要なのか?

FREEDOM

事業を立ち上げた当初の思惑は外れ、あなたにはどんどん選択肢がなくなっていきます。

「働くのか?働かないのか?」

これでは、基本給ゼロで100%歩合給の営業マンと同じ
です。

ストレスや不安、不景気、病気にも関わらず、あなたは責任を果たさなければなりません。

こうして愛する家族までもが苦しめられることになるのです。

休暇についてはどうでしょう?

実際のところ、中小企業の社長は、ほとんど休みを取らない人も少なくありません。

立ち上げの当初は仕方がないかもしれませんが、しばらくすると問題はより深刻になります。

誰が店番をするのか?

誰が現金を管理するのか?

あなたが忙しくて手を離せないとすると、誰が対応するのか?

あなたは、

あなたが現場にいることを前提に、ビジネスをしていなかったでしょうか?

あなたの能力を基準にビジネスをしていなかったでしょうか?



それでも、ビジネスがうまくいっている間はまだマシです。

中小企業が明確に転換期を迎えるのは、周囲に新しいライバル企業が現れたときです。

ライバル企業との競争にさらされる中で、社員も信頼できなくなり、顧客が離れてしまうという不安にさいなまれることになります。

それでも、ビジネスが傾いてくれば、あなたは無給で働かざるを得ない状態になるのです。

これが中小企業の生き残り競争なのです。

あなたは、友人にこのように言っているかもしれません。

「自分で会社をもつことは素晴らしいことなんだ。収入も申し分ない。仕事も気に入っている。ただし、自由には代償があるんだ」と。

このような状態に陥ると、自覚していても認めようとはしないでしょうが、月日は経過しても、あなたはずっと同じ場所で足踏みをするばかりで、同じ場所に留まり続けているのです。

つまり、中小企業の社長が、手に入れたくても、手に入れられないものとは、「代償のない物心両面の豊かさ」ではないでしょうか。


10年前の私は、この場所にいました。

いまなら分ります。10年前の私は、真の問題にも気づかず、漠然とした不安を前向きな気持ちで、かき消し続けていました…。

私の会社は、私も気づかないまま、内側から死を迎えつつあったのです。

私がこの状況から抜け出すことが出来たのは、「マイケルE.ガーバー氏との出会い」と「この経営プログラム」でした。

既にプログラムを学んだ社長は、
どんな結果を出すことができたのか?
(ほんの一部をご紹介します)

Q&A

Q1. なぜ、有料のコンテンツを無料で公開されたのですか?

私は、2001年に起業しました。それから、事業の拡大とともに忙しくなり、頑張れば頑張るほど、とにかく苦労の連続でした。しかし、このプログラムと出会い、経営者として見える景色が180度、変わったのです。ですから、あの頃の私と同じ課題や悩みを抱え、苦労し、疲弊しながら会社を経営している少しでも多くの方に、一日でも早くこのプログラムを知っていただきたいと思い、無料公開することにしました。

Q2. このオンライン動画講座は、どのような悩みを持っている人に効果を発揮すると考えていますか?

社長が現場から離れられない会社ですね。社長が高い専門性を持ち、顧客から選ばれて、成長してきたが、社長の労働力の限界を感じ、次のステージを狙いたいと考えている会社向きです。

業種は特に問いませんが、歯科医院、税理士、美容師、整体院、保険代理業、ウェブ制作会社、など、専門性が高い職業のほうが、社長が現場から離れられない傾向にあります。

Q3. このオンライン動画講座は、どれくらいの規模の会社に向いていますか?

30人以下の中小企業に向いています。特に10人前後で、これから拡大を目指す会社には、是非、見ていただきたい内容です。

Q4. マイケルE.ガーバー氏との関係を教えてください。

現在の弊社は、マイケルE.ガーバー氏の日本のマーケティング・パートナーとして、日本語のサイトの運営及び、普及活動を担当しています。

Q5. マイケルE.ガーバー氏の経営メソッドを教えている方が、他にもいますが何が違うのでしょうか?

マイケルE.ガーバー氏の講座を行うファシリテーター認定を受けた方が、日本に20名ほど存在します。それぞれで経営メソッドを広める取り組みを行っています。私たちの最大の強みは、マイケルE.ガーバー氏のプログラムを世界で最も多く開催し、自社で活用し、取り組み、成果が出るように日本版にアレンジして提供していることです。(認定制度は2017年終了)

Q6. 「仕組み化」や「システム化」が、いまひとつ良くわかりません。このオンライン動画講座では「仕組み化」の意味がわかるようになるのでしょうか?

はい。「システム化(仕組み化)」の意味やその取り組み方法をシンプルに解説しています。「仕組み化」という言葉が独り歩きしていると感じますので、オンライン動画講座をご覧いただき、その本質と構築方法を知っていただきたいと思います。

Q7. 一人で会社を経営していますが、それでも有効な内容でしょうか?

今後の展開次第です。将来的に「規模を拡大したい」、「人を雇わなくてもFC展開をしたい」、「家元制度をつくりたい」とお考えならプログラムに価値を感じていただけると思います。しかし、あなたが現場で働くフリーランスのような展開を望んでいるなら、申込みされないほうが良いと思います。

Q8. オンライン動画講座は、全部でどれくらいの時間のものですか?

1本のプログラムで15分~20分程度です。3つのプログラムで構成されていますので、合計60分程度の内容になります。かなり凝縮した濃い内容に仕上がっていますので、飽きずにお聞きいただけると思います。

Q9. スマホでのオンライン講座となっていますが、パソコンでも視聴は可能でしょうか?

忙しい経営者の方が多いと思いますので、移動中などにスマートフォンで視聴いただけるようにしています。もちろん、パソコンでの視聴も可能です。

プロフィール

安東邦彦

株式会社ブレインマークス代表取締役
マネジメント・オートメーション・プログラム開発者

1970年 大阪府茨木市生まれ

1992年 大学卒業後、建設機械レンタル会社に入社。

1994年 24歳で独立して通信販売会社を設立。
テレビ・ラジオショッピング・新聞・雑誌広告を中心とした通信販売事業を手がけ成長させた後、営業担当取締役として、ITベンチャー立ち上げに参画。

1997年 ITベンチャー立ち上げに参画し、取締役に就任。
4人でスタートした会社が4年で80名まで急成長。しかし華やかな世界は一転し、ネットバブルの崩壊とともにリストラや民事再生、事業整理、倒産。自らも負債を抱えました。立ち退きするオフィスで買取評価すらされなかったパソコンの山を眺めながら、事業の難しさを噛み締めるとともに、事業を起こす目的について真剣に考える。

2001年 中小企業支援に特化したビジネススクール_株式会社ブレインマークスを設立。

2011年 マイケルE.ガーバー氏の認定ファシリテーターを取得。現在は年商1億から5億円で伸び悩む中小企業を中心に『年商10億円を実現する仕組みづくりを支援』ている。その独特のコンサルティング手法「マネジメント・オードメーション・プログラム」で、年間70講演を超える講演をこなす傍ら、経営塾、個別コンサルティングを行なっている。

著書:「営業のミカタ」 ~あなたの営業方法は本当に成果が出ていますか?~
   「平凡な仕事をすごいプロジェクトに変える教科書」
   「社長が3ヶ月不在でも成長する会社の作り方」
「起業の神様が教える、ビジネスで一番大事なこと」


【執筆・メディア掲載実績】------------------------------------------------------

東洋経済 生保・損保特集/週刊ダイヤモンド保険特集号/税理士新聞/保険毎日新聞/新日本保険新聞/インスウォッチ/保険情報/インシュアランス/月刊SR/住宅新報/週刊住宅情報/Business Media誠/新住宅ジャーナル/リフォーム産業新聞/不動産流通/週刊ポスト/月刊BIGtomorrow

PAGE
TOP