ブログ

ブログ

BLOG
blog

2017.01.17

コンサルティング

【経営コーチングプログラム】夢や理念に立ち戻り、何度も何度も考える

株式会社ブレインマークス

自社のブランディングを考えていけばいくほど、思い描く理想の経営イメージと現状のギャップを感じてしまうこともあります。経営者にとって、「自社が、自分が本当にやるべきこと」を考えることは、果てのない旅路のように終わりの見えないプロセスなのかもしれません。

 

そんなときは、これまでの常識にとらわれることなく、広く世界に目を向けてみることも大切です。たとえば経営哲学の先進国であるアメリカでは、「オーガニック3.0」という考え方が広がっています。

 

無添加の体にやさしい食品を作る。地域のコミュニティを重視して文化を受け継ぐ。働き方に考慮して人を大切にする。自然環境を守り抜く……。そんなムーブメントを目の当たりにして、「自分の夢が定まった」と語ってくれた社長もいました。

 

ブランドを作りながら、何度も何度も夢や理念に立ち戻って、考え直していけば良いのだと思います。そうやって自分たちの会社のブランドをまとめあげた会社が、最終的に勝ち残っていくはず。

 

最高の顧客は誰で、そこに対して何ができるのかを考え尽くす。そのピースがすべてつながれば、疑いようのない、自他ともに認めるブランドができ上がります。経営コーチングプログラムでも、行きつ戻りつしながら、これを一緒に考えていきます。

 

====================
◆業績向上と右腕の育成を同時に実現する
 「経営コーチングプログラム」詳細はこちら!
 http://www.brain-marks.com/wordpress/vision-management/
====================

 

この記事をシェアする

おすすめの記事