中小企業の未来を考える経営コンサル
ティング株式会社ブレインマークス

CUSTOMER’S VOICEお客様の声

株式会社エイト

副社長 為我井康史様

右腕の考え方が変わるだけでも会社は変化する、と実感。

INTERVIEW

INTERVIEW

Qコンサルティングを受ける前の自社/ご自身の問題点・課題・悩みは何でしたか?

私は、株式会社エイトと統合前に、有限会社i・らいふという会社を設立しました。独立以来、会社は順調に成長をし続け、従業員数も業績も順調に伸びていましたが、成長に伴い少しずつ問題が起き出したんです。

その頃は、私が現場でとにかく働き、売上を伸ばすという職人的なスタイルでした。成長の時期を迎えても、それは変わらなかったのですが、限界を感じる出来事が増えてきました。お客様の数が増えていくうちに、いつの間にか1人で抱えられる量を超えてしまったのだと思います。本当に些細なミスが頻発したんです。そこで、「今までのスタイルでは、将来的にお客様を守っていけない。最高の価値を提供し続けるのは難しい」と感じ始めました。個人技ではなく組織としてお客様を守っていくために、その頃、以前から声をかけていただいていた株式会社エイトと経営統合することを決めました。

ただ、組織化に向かうにあたり進む方向性や芯となるものが曖昧でした。組織経営を1から学ぶ必要があると思ったんです。

Qコンサルティングを受けるきっかけは何ですか? 

三井住友海上火災保険株式会社のセミナーで、安東さんが講師を務める講義に参加しました。その時の話にとても興味を持ちましたね。終了後すぐにホームページを検索しました。そこで、コンサルティングを知り、申し込みをしたんです。躊躇はありませんでした。昔から「やる」と決めたらすぐに行動に移すタイプだったので。ただ、金額面や定期的に会社を空けることが頭によぎり、少しだけ勇気はいりました。

Qコンサルティングを受ける中で、壁にぶつかったことはありましたか?

やはり、芯をつくることが難しく感じました。私自身は、代表ではなく副社長なので代表の意向を汲み取りながら、つくっていました。特に難しかったのが芯をつくるにあたり、思考を変革することですね。今まで、営業で働いてきた癖で、どうしても数字を前提に物事を考えてしまっていました。そうではなく、その数字を実現する目的や情熱の根本という、思いの部分が中々出てこなかったんです。受講中は何度も安東さんに「数字ではないんですよ」と言われましたね。
何度も試行錯誤し、頭を悩ませましたよ。今もまだ模索中ではありますが、ドリーミングルームで思考法を変えたことで少しずつ形が見えてきました。

Q会社や社員の変化を教えてください。

私自身の考え方が変わりました。数字に囚われすぎなくなったこともそうですが、経営に対する考え方も変わったんです。以前は、何もわからず、組織化へも足踏みをしていた状態でしたが、現在では着実に前へと進んでいます。また、従業員が意見を言える環境がとても重要であることを知り、自然と私のマネジメント方法や会議の雰囲気も、従業員が意見の言いやすいものに変化していきました。そこに加えて、従業員が活躍できる場面や責任を増やしました。以前と比べ、格段に自主的に動いてくれるようになったと思います。考え方が変わるだけでも会社は変化していくことを実感しています。
 
さらに、「会社全体でお客様を守り、フォローをしていく」取り組みを実践しています。今までは1人の営業が担当のお客様の契約からフォローまで全て行なっていたのですが、それを止めました。今も担当制ではありますが、保全に関する部分は他の従業員が担うなど、役割を分けています。

まだまだ導入途中で、私も現場に出ていますが、組織化への道がはっきりと見えているので、進むスピードが加速しました。

Q今後の目標を教えてください。(事業展開・業界変革・社内改善など・・・)

企業としての保険代理店経営を目指しています。個ではなく組織として成長するのが理想です。数字的な部分でいうと2020年には損保生保で10億を目指したいと考えています。

社内的な部分に関しては、従業員が成長していける組織を目指しています。試行錯誤しながら何かをやり遂げ、喜びを感じ、人としてステップアップしていけるような環境をつくりたいんです。そのステップアップを保険という仕事を通じて実現してもらいたいと考えています。組織化といっても、この業種はある程度人にお客様が付く要素がありますから、人間的な魅力も、やはり大切だと思っています。営業力よりもまずは、そこを高めていきたいです。そうすれば、結果や営業力は必ず後からついてきますから。

Qこれからコンサルティングを受ける方にメッセージをお願いします。

全ては学びだと思います。独学で成功する人もいるとは思いますが、何をするにも1からしっかり勉強することが成功する近道だと私は考えていますし、実感しています。ブレインマークスのコンサルティングでは経営を1から学ぶことができました。