当てはまることはありませんか?<

  • チェック

    社長が一番の稼ぎ頭である

  • チェック

    社員の離職が続いている

  • チェック

    社長以外は、業績向上に真剣に取り組んでいない

  • チェック

    良い人材が採用できない、もしくは採用が難しい

  • チェック

    指示待ちの社員が多い

  • チェック

    責任を任せられる右腕、管理職が育たない

  • チェック

    組織がバラバラでチームワークがない

  • チェック

    自分が関わらないと仕事のクオリティが下がる

  • チェック

    理念・ビジョンや社長の想いが浸透しない

  • チェック

    今は何とかなっているが、
    将来に漠然とした不安がある

もし、3つ以上当てはまるなら、最後までお読みいただくことをお勧めします。

中小企業の社長を苦しめる4つの課題

課題解決1 社長の限界=会社の限界

大半の中小企業は、社長=ビジネス。つまり、社長が必死に現場で働くことでビジネスが成り立っています。もちろん、社長が頑張り続けて経営をしていくことが悪いわけではありません。ただ、このような状況にある中小企業は、そろって致命的な勘違いをしているのです。

写真

致命的な勘違いとは、職人としての仕事、
つまり、
『髪を切る技術がうまければ(カリスマ美容師なら)、美容室の経営がうまくいく』
『税理士資格があれば、税理士事務所が経営できる』
『営業力があれば、保険代理店を成長させることができる』
『整体師の技術と人当たりの良さがあれば、整体院経営はうまくいく』
『歯科技術と集客さえできれば、歯科医院の経営は安泰だ』

あなたが独立して、しっかりと安定した経営を行ないたい、会社を成長させ、あなたの家族、社員とその家族を幸せにしたいと考えているなら、一度、立ち止まる必要があります。

ビジネスの専門的な能力(専門技術)で顧客を満足させることと、
ビジネスを継続的に成功させる能力(経営の技術)は、まったく別なのです。

しかし、大半の社長は、正しい「経営の技術」を身につけることなく、我流で経営をしています。

例えば、どんなスポーツの上達を目指す際にも、「正しい型」を学び、反復練習をすることが必要です。中小企業の経営にも同じく、「正しい型」が存在します。その型を学び、反復練習を通じて、上達する必要があるのです。
しかし、残念なことに、現在その方法を知りたくても、中小企業の「経営の技術」を正しく教えることができる会社は存在しません。そのため、我流で会社を経営し、自分の時間、人間関係、自宅、労働力の全てを投げうって、ビジネスのために働くことになるのです。

私たちは、社長の限界を超えて成長するためには、専門技術とは別に『経営の技術を身につける』必要性があると考えています。この考えにご同意頂けるでしょうか?

課題解決2 右腕の不在

いい組織には、必ずというほど、『いい右腕』が存在します。
例えば、ホンダと本田総一郎を支えた藤沢武夫、ドイツの宰相ビスマルク、さらに豊臣秀吉の軍師であった竹中半兵衛、中国では三国志の諸葛亮公明、何かを成し遂げるリーダーの傍らには、絶対に優れたナンバー2、右腕がいるのです。
つまり、組織の継続的に成長させるためには、社長を補佐する幹部人材、すなわち「右腕」を育てることが最重要の経営課題なのです。

写真

にもかかわらず、中小企業では、

「右腕が必要だとは思っているが、育てる余裕がない」
「育てる方法がわからない」
「右腕を任せる人材が存在しない」
「右腕を育てる仕組みがない」

など出口の見えない悩みを抱えたままになっているのです。

私たちは、多くの成長企業の事例を分析した結果、
中小企業の継続的な成長には、『右腕』の必要性を感じています。

しかし、右腕候補の人材はいても、育て方がわからない方も多いのではないでしょうか。残念なことに、現在その方法を知りたくても、右腕育成のノウハウはそこまで出回っていません。

私たちは、中小企業の継続的な成長には、『社長の右腕が必要』と考えています。
あなたは、この考えにご同意頂けるでしょうか?

課題解決3 自主性をもった社員が育たない、雇えない

写真

「優秀な人材がなかなか入ってこない・・・」
「社員がなかなか成長しない・・・」
「必死に教えても、やればやるほど社員の心は離れ、大きな隔たりができていく」
「必死で教えても、これからだという時に簡単にやめていく…。」

このような経験はないでしょうか?

大半の中小企業は、このような「人の問題」に悩まされています。
確かに中小企業の成長のカギは、人材です。

しかし、よく考えてみてください。

中小企業と大企業と比べると、ブランド、安定度、給与水準、労働環境、教育にかける時間と費用、福利厚生、老後の保障など、待遇面においては劣ってしまうのが現状でしょう。この現実から客観的に見て、社長が求めるような優秀な人材がそう簡単に採用できると思いますか?

残念ながら答えは、ノーです。
しかし、大半の中小企業の社長は、いい人材を求めるのです。

あなたは、優秀な人材に期待をしてしまってはいないでしょうか?

持続的に成長するためには、よい人材を求めるのではなく、「平凡な人材でも、優秀な成果を上げることができるプロセス(手順)」を見つける努力が必要なのです。

いい人材は、たとえ採用できても、辞めてしまう可能性もあります。しかし、いいプロセスは会社の財産として残していくことができるのです。

「企業は人なり」「人材こそが最大の財産である」というのは良く知られた格言ですが、この格言が正しいのは、人がその可能性を最大限に発揮できる環境や文化、基準、教育、ルールがある場合に限ります。それがなければ、人はかえって、問題の発生源になってしまうのです。

私たちは、中小企業の継続的成長には、『平凡な人材が成果を上げることのできるプロセスと仕組み』が必要と考えています。あなたは、この考えにご同意頂けるでしょうか?

課題解決4 会社経営にシステム思考がない

「会社はすべてがシステム(仕組み)だ」と言われて、あなたはどのように感じるでしょう?
「会社はすべてがシステム(仕組み)だ」と考えると、多くの問題がシンプルになるのです。

写真

このシステム思考を理解するために、たとえば、オートバイを思い浮かべてみてください。オートバイをつくり上げているのは、鉄、エンジン、ブレーキ、アクセル、タイヤなど、さまざまな機能です。これらの機能が正しく動くように精密に組み上げられていることのより、スピードが出せたり、止まれたり、急カーブを曲がれたりするのです。もし、「止まりにくい」という問題がある場合は、「止まるためのシステム(つまりブレーキ)」が機能していないのです。

会社経営もこれと同じです。

会社で起こる問題のすべてが、システム(仕組み)の問題なのです。

現在、あなたが抱える経営課題には、どのようなものがあるでしょう?

もしあなたが「人が育たない」という問題で悩んでいるとするなら、あなたの会社には、人材が育つ機能がないかもしくは、上手く機能していないのです。「経営ビジョンが浸透しない」と問題で悩んでいるとするなら、あなたの会社には、経営ビジョンを浸透させる機能がないかもしくは、上手く機能していなのです。
全てはシステムの問題なのです。

私たちは、中小企業が継続的に成長するには、『会社をシステム化(仕組み化)する必要がある』と考えています。
あなたは、この考えにご同意頂けるでしょうか?

どうすれば、ビジネスを思い通りにコントロールできるのか??

今、あなたは「どうすれば、ビジネスをコントロールできるのか?」「何をすれば、思い通りの組織が作れるのか?」

と思われたでしょう。
その答えはいたってシンプルです。先ほどの課題を解決する方法を知り、実行すればいいのです。

社長の限界を超える

写真

ビジネスを成功させる経営者は、自身を拘束しない会社をつくり、財務的にも、精神的にも豊かな資産を築いていきます。組織を成長させる方法、創造力を発揮する方法、付加価値を提供する方法、自分を成長させる方法を学びながら、プロの経営者として会社を経営していて、自分がいなくても収益を生み出すシステムを構築しているのです。

つまり、あなたがすべきことは、『経営の技術を身につけ、自分がいなくても収益を生み出す会社づくり』への取り組みを実行することなのです。

右腕の育成をする

写真

多くの中小企業経営者が、自分が稼ぎ頭の職人ビジネスから抜け出せない理由のひとつに【右腕と呼べる存在がいない】ことがあげられます。

「右腕」はあなたの仕事(実務)を【奪う】存在です。社長としての本当の仕事を理解し、それを行なうことに全力で協力することが右腕の役割のひとつなのです。
もしも、あなたに「右腕」と呼べる存在がいて自分の役割を理解し、積極的に全うしてくれるのであればあなたの会社やあなた自身の仕事はどのように変わるでしょうか。

つまり、あなたがすべきことは、『右腕を選定し、育てること』への取り組みを実行することなのです。

想像するだけでワクワクしませんか?

自主性を育む仕組みづくり

写真

持続的に成長するためには、いい人材を求めるのではなく、「平凡な人材でも、優秀な成果を上げることができるプロセス(手順)」を見つける努力が必要なのです。
いい人材は、たとえ採用できても、辞めてしまう可能性もあります。しかし、いいプロセスは会社の財産として残していくことができるのです。

この課題解決もとてもシンプルです。

つまり、あなたがすべきことは、『自主性をもった社員を育てる仕組みづくり』へ取り組みを実行することなのです。

経営システムの構築と導入

あなたのビジネスは人材依存ではなく、システム依存にする必要があります。社長が抱える課題を解決する経営システムのつくり方を知り、実行すればいいのです。

写真

・社長が抱える課題を解決する
・システムの運用を通して、従業員がビジネスの成長にかかわる
・従業員の「いい会社を自分たちでつくる」意識をもたらす
・社員一丸となる企業文化醸成の基盤となる
・会社の未来のために社長の時間を費やせる
・社長が不在でもビジネスが動き出す
このような効果が期待できます。

つまり、あなたすべきことは、『会社をシステム化(仕組み化)するための具体的な方法』を学び、実行することなのです。

あなたはもう気づいているはずです。

そうです。

この4つの課題を解決する方法を知り、実行すればいいのです。

この課題解決の具体的な方法を提供し、その実行をコーチがサポートするのが、経営コーチングプログラムなのです。

無料相談を申し込む
ご相談はもちろん、お電話でもお受けしております。
ご相談はもちろん、お電話でもお受けしております。

すでにこのプログラムを取り入れた企業の事例

株式会社新大陸 代表取締役 鈴木 宏佳 様

Q

Vision経営プログラムを受講する前の状況について教えてください。

完璧な職人型経営者で、自分で営業をして、自分で契約先にコンサルをしていました。当時はそこに問題意識を持つこともありませんでした。大切なことは「売上があがっているかどうか」。社員に対しても、とにかく売上を上げることに集中しろと言っていました。しかし、なかなか思うような成果は無く、「皆が自分のようになればいい」と考えたこともありました。売上が上がらないのは、努力不足。成果の上がらない社員にはとにかく厳しく接していました。それが正解だと思っていたんです。まさに「北風と太陽」の北風でした。

そんな状況からは、誰もが逃げ出したくなるものです。採用しても、採用しても人は定着しませんでした。それどころか、ある時正社員全員から退職願を渡されました。さすがに悲しかったです。「何が間違っていたんだろう」そこで一旦立ち止まることができました。そんな時、ブレインマークスの書籍に出会いました。その本の中に、私がいました。自分でも驚くくらい、書籍の主人公は私そっくりだったんです。そこで、「自分が間違っていたんだ…」と受け止めることができました。もっと経営に対する考え方を学びたいと思い、ブレインマークスのコンサルティングを受講しました。

Q

ブレインマークスでメソッドを学び、実践していく中で、なかなかうまくいかなかったことや、難しいと感じることはありましたか?

どちらかというと、水を得た魚のようにどんどん実行して進めていきました。組織づくりをしてこなかったことが原因だとわかっていたので。ただ、それを具体的に教えてくれる場所に出会い、方法を知れることに喜びを感じていました。「自分が変わらなきゃいけない」と思い、とにかくどんどんメソッドを実行していきました。講座中にいくつも出てくる質問や答えも今までの自分の考え方とは真逆なのに、なんだかしっくり来るので不思議でしたね。気をつけていたことはその質問に対して頭で考えるのではなく心で考えて答えを出すことです。自分の心と向き合いながら受講していました。

Q

受講後の会社や社員の変化を教えてください。

写真

一番大きな変化は、このWEBコンサルという事業一本でやっていこうと決意し、実行したことですね。それまでこの事業と一緒に親から受け継いだラーメン屋を10店舗経営していたんです。しかし、このメソッドに出会ってから「自分が本気でやりたいと思って、命をかけると思えるもので無ければ続かない」と思いました。それほど、力を入れて取り組む事業であるなら、何かと一緒にやっていくということは出来ないと感じたので、手放すことを決めました。

そして、組織づくりに一気に取り掛かりました。その際、組織はいろんな人が関わって作り上げられるものなので、自分の思いを伝えるだけではなく、「社員の気持ちを置いていかないこと」を特に注意していましたね。他には、理念や組織図、評価制度など様々なものをつくりました。特に、理念を明確にしたことで社員がやりがいを感じてくれるようになりました。儲けではなく、理念に基づきお客様のために頑張ろう、お客様が喜んでくれると嬉しいという目的で仕事をやることにやりがいを感じてくれているんだと思います。経営計画書も社員と協力して完成させました。自社の強み、対象顧客、戦略、目標、クレド…会社の基本的なことを全て明記してあるのですが、それを部分的に社員に書いてもらって半年くらいかけて一緒につくっていきました。ただ、つくるのと浸透させるのは違うので、この経営計画書を皆が心の底から実現したいと思えるようになって欲しいと考えています。

Q

今後プログラムを受講される方にメッセージをお願いします。

会社を大きくしたいと経営者は皆思っているはずです。「頑張っているのに全然大きくならない」と思っている人も多いですよね。それは営業のテクニックなどで解決できるものではありません。それを解決する為には、組織をどうつくっていくのかを明確にすることが大切です。実際、僕はできていませんでしたが、コンサルティングを通じてそのことを理解することができました。現在、それを会社に適応させたことで、どんどん好転しています。それまで、どうやって経営していけばいいのかがわからず、不安もありましたが、コンサルティングでは明確に「こうすればいい」と教えてくれました。それを前向きに取り組んでいくことで、効果は必ず出ます。コンサルティングは参加したほうがいいと思いますよ。

※株式会社新大陸 ホームページはこちら

なぜこのプログラムなら多くの中小企業が抱える課題を解決できるのか?

これは、アメリカで40年以上かけて蓄積されてきたノウハウと、その原則を基に独自のプログラムとして完成させたものです。日本のスモールビジネスが成長するために欠かせない7つの仕組みづくりを再現性のあるプログラムとしてご提供しています。

コーチのアドバイスのもと、あなた自身が会社に合った仕組みを構築し、社内に浸透させていくことができます。

写真 このプログラムの価値は、すでにこのプログラムを取り入れた企業の実績によって証明されています。
写真 売上げ重視から顧客のために存在する会社に生まれ変わったソフト開発会社 Infusionsoft インフュージョンソフト

スモールビジネス向けCRMソフトウェアで業界トップの会社です。同社はマイケルE.ガーバーのコンサルティングプログラムを受け社内へその内容を導入し、大成功を収めています。

ビジュアル化された「ビジョン」と「ミッション」が特徴的なオフィスは社員の働きやすさ、ビジョンやミッションの浸透に大きな成果を発揮しています。

社員数は2011年200人、現在400人、2016年1,000人と拡大に拡大を重ねています。

受講の経緯

立ち上げから順調に売上を伸ばし、経営者は5年程度でIPO後売却する計画でした。しかし、会社が成長し、社員数が50名を超えてくると組織がまとまらず混乱ばかりになってしまいました。そこで、藁にもすがる思いで経営コーチングプログラムを受講したといいます。

受講による効果 -経営の技術を身につける-

写真

経営者に求められる真のリーダーシップの定義とは、自らが描いた未来像に他人を引き込む力であることを学びました。そして、同時に自らが描いた未来像、つまりIPOして売却することは他人を引き込むものではないことを知ります。

なぜこの会社を経営しているのか?会社が目指すものは何なのか?経営者自身が成し遂げたい夢は何なのか?この質問を何度も何度も繰り返され、考え抜き、1つの結論に至ります。それは、「スモールビジネスの成功を助けること」だったのです。

受講による効果 - 全社員が一致団結 -

写真

「スモールビジネスの成功を助けること」という言葉が定まったとき、共同創業者兼CEOのクレート・マスク氏は、やるべきことは決まったと感じたそうです。

この想いを実現するためのサービスを提供し、この想いに共感してくれる人を集め、「スモールビジネスの成功を助けること」を全社員で考える経営を行なったのです。

その結果、社員は一致団結し、急成長にも耐えうる組織が出来たのです。

受講による効果 -社員の気持ちの変化-

以前までは、会社のビジョンや将来像が明確に示されていなかったため、社員が目の前の仕事に一生懸命やるしかありませんでした。しかし会社の目指すことが明確化されたので、その将来像へ向かうために社員1人1人がどういう人になっていきたいのか考えるようになりパワフルになったといいます。多くの場面で自主性を持った社員の活躍を目にすることが日に日に増えていくことを実感したそうです。

受講による効果 -仕組みがあるから結果がある-

写真

インフュージョンソフトでは、ビジョンを共有する仕組みとして、壁一面にビジョンを描いています。また、顧客の成功を助けるという想いにコミットしているが故に、会社の受付の壁一面には、顧客が成功し笑顔になった写真が貼られています。

さらに社員満足度向上の仕組みとして社員の夢を叶えるためだけの社員を配置し、社員1人1人が夢を叶えられる仕組みにしています。ビジョンの浸透も社員満足度も考え方の浸透も全て仕組みで結果を得ることが出来るのです。

無料相談を申し込む
ご相談はもちろん、お電話でもお受けしております。
ご相談はもちろん、お電話でもお受けしております。

このプログラムをあなたの会社へ導入することで得られる成果

あなたの会社は確実に変わります!

経営支援プログラムの特徴 40年の実績と52段階の個別支援だから『できることがある』

① 40年の実績

経営者が自信をもって行動するためには、「経営原則」は最高の武器です。その原則を身につけることで、「再現性のある経営」を行うことができます。本プログラムは、全世界で40年間実践され続けている内容であり世界中の実践結果から、あなたの課題が解決に向かうための道筋を浮き彫りにすることができます。

② 経営コーチの存在

今までにない「新しいチャレンジ」には恐怖が付きまといます。「本当にうまくいくのだろうか?」「他の会社では、どうやっているのか?」「取り組みのポイントや失敗を避けるポイントは?」など、経営者に寄り添い、支え、ともに取り組む担当コーチが経営の「戦略的実行力」を引き上げます。

③ 52段階の個別支援

中小企業の課題を7つの経営力学(リーダーシップ、ブランド、マネジメント、サービス提供力、財務、セールス、マーケティング)からアプローチします。その7つの経営力学を52段階に細分化したプログラムで個別支援を行います。

④ 徹底したヒアリング

52段階の個別支援プログラムの提案に向けて、各社の経営課題を徹底的にヒアリングします。約半年ごとに振り返りや進捗状況に応じたプログラム内容の変更を行うことで、最短距離で無理と無駄なく経営課題を解決に導くことができます。

⑤ 右腕の育成

本プログラムは、基本的に経営幹部(右腕)とともに受講することをおすすめしています。経営者と同じ経営知識を持ち、共有することで、浸透力、実行力に大きな差が出ます。経営幹部を育成することが中小企業の飛躍の第一歩です。

プログラム導入のステップ
(無料) 課題ヒアリング・セッション 写真

多くの企業診断の実績に基づき、現状課題をヒアリングするセッションを無料でご提供します。現状の課題の明確化をすると、「あなたが次に何をすべきか?」「課題の原因は何なのか?」が見えてきます。ヒアリングの中で、今後の課題解決の方向性を打ち合わせていきます。
通常このセッションは150,000円にて行っておりますが、本プログラムを真剣にご検討されている方に限り、無料でご提供させていただきます。下記の「無料相談を申し込む」のボタンよりお申し込み下さい。

右腕の選定 写真

これはあなたにとって重要な選択となります。

あなたが成し遂げたいことを真剣に応援してくれる人、継いでくれる人、右腕として育成したい人を選定してください。あなた自身の重要なミッションです!

受講スタイルの選択 写真

このプログラムの受講スタイルは「Web会議型(通常スカイプを使用)、弊社への来社型、貴社への訪問型」の3種類があります。
遠方の方やお忙しい方はWeb会議をオススメいたします。現在もスカイプによる受講で弊害なく進んでおりますので、Web会議が始めての方もご安心ください。また、顔を見て受講したいという方や東京近郊の方は、来社型をおすすめします。

貴社への訪問型は、社内の人材も巻き込んで取り組みを行ないたい方におすすめです。

受講回数の選択 写真
  • 月1回 ・・・ 来社またはWEB会議
  • 月1回 ・・・ 訪問
  • 月2回 ・・・ 訪問+WEB会議

をご用意しております。状況に応じてご選択ください。

弊社より年間計画をご提案 写真

課題ヒアリングに基づき、オーダーメイドのプランをご提案いたします。提案内容や流れの確認、解決したい課題と解決までの道筋や方向性についての打ち合わせを行います。

全てにご同意いただいた後に、第1回セッション日程の調整を行います。

初回セッション開始

「Vision経営プログラム」参加ご希望の方はこちらよりお申し込みください。

無料相談を申し込む
ご相談はもちろん、お電話でもお受けしております。
ご相談はもちろん、お電話でもお受けしております。

バラバラだった職人たちが一丸となった造園会社

株式会社近江庭園 代表取締役 寺下真司様

Q

Vision経営プログラムを受講する前の状況について教えてください。


以前は、我流で経営を学び社内に仕組みや制度を取り入れていく日々を繰り返していました。全て「いい会社」にしたいという思いからの行動でしたが、結果的にそれが社内に混乱を起していたんです。「もっと良くしたい」「社員と協力しながら頑張っていきたい」。そんな思いが空回りしていました。やればやるほど社内には「また、社長が新しいこと始めた」という憂鬱な雰囲気が流れ、社員との距離は開くばかりでした。しかし、自分なりには毎日必死でしたから「何故、こんなにも思いが伝わらないのか…。何を間違えているのか…。」と、いつも一人悩んでいました。そんな時、ブレインマークスさんのコンサルティングを知りました。経営の一部分ではなく、全般について体系的に学べるプログラムに魅力を感じ、「この機会に経営を1から学んでみよう」と申し込みをしました。

 

Q

ブレインマークスのコンサルティングを受けて、印象に残っていることはありますか? 

写真

早いものでブレインマークスさんとのお付き合いも4年目を迎えます。ドリーム、コア・パーパス、ビジョン、コア・バリュー、財務、ビジネスモデル、経営計画書・・・。本当にいろんな取り組みとノウハウを学んできました。経営の土台づくりから、成長へと進む為のセッションなど、自社の成長段階に合わせて学べたと思います。自分で「○○を学びたい!」と希望を伝えるときもありますが、多くは相談している悩みの中から現状の近江庭園に必要な要素を選んでもらっていました。

特に2年目に行なった財務計画書と高収益ビジネスモデルは、経営の安定と発展を目指すうえで自社にとって欠かせない物だったと思います。財務では、それまで税理士さんに丸投げしていた部分を自社で進捗管理するという新たな取り組みを行ないました。財務諸表をつくり、毎月計画と進捗を測る習慣ができると、確実に目標へと近づいていきますね。なにより、数字の状況把握ができることの安心感が大きかったです。利益計画もしっかり立てられるようになり、金融機関に5ヶ年計画として財務計画書を提出することもできるようになりました。

また、高収益ビジネスモデルでは、自社の強みを徹底的に洗い出したことで、今後の方向性がわかりました。それまでも、自社の強みについては理解しているつもりではいました。しかし、「強みは技術です」と言ってもそれがどのような技術で、他社とどう異なるのかまで明確ではありませんでした。「どんな技術」「どんな特徴」「どんな結果」全てを明確にしていくとそれまで予想もしていなかった新たな強みの発見に繋がりました。実現には時間がかかるかもしれませんが、この強みを強めていくことに一生懸命取り組んでいけば必ず結果は出ると確信しています。

Q

コンサルティングプログラムを受けて、一番変化したところはどこですか?(ご自身/会社)


私の経営に対する考え方が変わりました。新しいことの導入は現場の状況や社員と話し合ってから行なっています。また、闇雲に情報を取り入れるのではなく、全て会社が目指す姿や基準に照らし合わせながら取捨選択しています。以前に比べ、迷うことも格段に減りました。今は、目指す未来に向かって真っ直ぐ歩いていけています。

社内コミュニケーションの機会も増やし、社員との関係も大きく変化しました。以前は月1回の全体ミーティングが唯一のコミュニケーションの場でした。しかし、そこでは分かりきれない現場の状況や、社員の思いがありました。それが、社員との距離を広げていたのかもしれません。現在はそれを廃止し、代わりに週1回2時間のミーティングと月1回の1対1の面談を行なっています。ミーティング内容はサポート要請・報告・現場方針などの共有です。軽食を用意して、皆でワイワイしながら行なっています。現場の状況を知るだけではなく、仲間の努力や考えを発見する良い機会にもなっています。また、面談では、個人の成長や悩みにフォーカスした話し合いを行なっています。面談を行なうことで、今まで見えなかったことが見えるようになってきました。社員一人ひとりの思いや、得意なこと、苦手なこと、そして、現場で何が起こっているのか…それを正確に把握し最適な判断ができるようになりました。

さらに、会社のビジョンやコア・バリューなどを社員と一緒に決めた経験が今の良い雰囲気をつくってくれたと思います。徐々にですが、この近江庭園という会社を全員で作り上げていくということを理解してくれていると感じます。今では自分から「これはどうでしょうか?」「これはこうしましょうか?」と責任感をもって仕事に向き合ってくれています。この会社を通して自分がどんな風に社会の役に立つことができるのかを社員が意識したことで、大きな変化が起きたんだと思います。

Q

今後プログラムを受講される方にメッセージをお願いします。

迷う必要はないです。このコンサルティングは、経営について学べるだけではなく、経営者としての時間の確保にも繋がります。経営について学ぶと聞くと、難しそうに感じるかもしれませんが、1つ1つのセッションが体系化されているので分かりやすいです。セッション中はひたすら頭を悩ませ、自社について考えぬきます。コンサルタントと一緒に徹底的に考えるので、そこで出た答え以上のものは、その後も中々出てきません。私は、その答えこそブレインマークスのコンサルティングで一番価値のあることだと思っています。「今出せる最大の答えを導き出せるコンサルティング」それがブレインマークスのコンサルティングです。

※株式会社近江庭園 ホームページはこちら

あなたが得られる成果

最短で経営の技術を高める『普遍的な仕組み』 正しい型を学ぶ 癖を修正してくれるコーチ

ゴルフの上達には、コーチから正しいフォームを学び実践します。さらにトレーニングを通じて、正しいフォームを習得することで、スコアがよくなります。

経営も同様に、センスや才能ではなく、正しい型で正しく実践する必要があるのです。

これらは、社長が現場から離れられず、職人として自分のビジネスのために働いている会社では当たり前のように起こる問題です。

ここまで読んでいただいたあなたは、ビジネスのシステム化の重要性はご理解いただけたのではないかと思います。そして、そのシステム化に取り組んでいくことで、あなたは徐々に現場を離れていくことができます。経営者であるあなたの時間にゆとりが生まれると経営に変化が起こります。

経営支援プログラム講師の紹介

写真 株式会社ブレインマークス コンサルタント 今泉 勇太

人材サービスを営むベンチャーの創業メンバーとして事業に参画。
創業から6年で、5名でスタートした企業が160名の規模にまで拡大する中で、次から次へと起こる経営課題と真剣に向き合う経営企画部門として、会社経営の実務全般を経験する。その後、マイケルE.ガーバーのメソッドを指導する株式会社ブレインマークスと出会い、かねてからの思いに従い、中小企業の成長に立ちはだかる課題を共に解決するパートナー型コンサルタントとしてジョインする。特に経営ビジョンを主軸においた仕組み化、ブランド化の支援を得意としている。

写真 株式会社ブレインマークス コンサルタント 佐藤 雅俊

人材採用・活性化のプロフェッショナルとして、東証一部上場企業から中小・零細企業まで、過去10年で500社を超える人材採用・活性化コンサルティングを経験。特に中小企業においては、企業ブランドの構築による採用活動の仕組化、社内活性化による採用の歩留まり改善提案など、企業発展につながる根本的な採用支援を得意としてきた。その経験から、マイケルE.ガーバーのメソッドの中でも、「社長の描いたビジョンを社員が一丸となって実現を楽しむ組織づくり」を特に得意としている。クライアントに徹底的に寄り添うスタイルの姿勢が“コンサルタントらしくない”と評価が高い。

写真 株式会社ブレインマークス コンサルタント 竹井 美和

2001年、30人以下のスモールビジネスに特化した経営支援を行う株式会社ブレインマークスの創業メンバーとして経営に参画。2012年に渡米し、世界ナンバーワンのスモールビジネス・ コンサルタントであるマイケルE.ガーバーの直接指導を受け、認定ファシリテーターとして活動している。 また、創業から成長を続ける同社の組織がぐちゃぐちゃになって いくさまを見ながら、「企業は人なり」を実感する。 その後、中小企業の成長には、「経営ビジョンを中心においた組織づくり、人が成長する 仕組みづくりが不可欠」との思いから、マイケルE.ガーバーから直接指導を受け、中小企業に特化 した『人材育成の仕組み』の作り方を広く伝える活動に従事している。

プログラム監修及び全体統括

写真 株式会社ブレインマークス 代表取締役 安東 邦彦
  • 一般財団法人プロセスマネジメント財団 認定コンサルタント

1970年 大阪府茨木市生まれ
大学卒業後、建設機械レンタル会社に入社。毎日のように建設現場を駈けずり回る、どぶいた営業を経験し、“営業のあり方”そのものに疑問を持つ。
その後、24歳で独立して通信販売会社を設立。テレビ・ラジオショッピング・新聞・雑誌広告を中心とした通信販売事業を手がけ成長させた後、営業担当取締役として、ITベンチャー立ち上げに参画。2001年かねてからの「“営業のあり方”を変えたい」との思いに従い、営業支援事業を行う株式会社ブレインマークスを設立。

2011年米国にてマイケルE.ガーバーより直接指導を受け、その後、認定ファシリティターとしてNO.1の実績を積む。

マーケティングに関するノウハウを追及し続け、中小・零細企業・個人事業主を中心とした経営支援を行っている。現在までに支援した企業は500社を超える。

著書
■ 著書

『営業のミカタ〜あなたの営業方法は、ホントに成果が出ていますか?〜』
『平凡な仕事をすごいプロジェクトに変える教科書』
『社長が3ヶ月不在でも成長する会社の作り方』
『起業の神様が教える、ビジネスで一番大事なこと』

■ メディア執筆・掲載実績

東洋経済/週刊ダイヤモンド/ビジネスチャンス/月刊コロンブス/税理士新聞/保険毎日新聞/新日本保険新聞/インスウォッチ/保険情報/インシュアランス/月刊SR/住宅新報/週刊住宅情報/Business Media誠/新住宅ジャーナル/リフォーム産業新聞/不動産流通/週刊ポスト/月刊BIGtomorrow

■ 講演実績

全国商工会議所/TKC/日本青年会議所(JC)/東京海上日動火災保険/損害保険ジャパン日本興亜/三井住友海上火災保険/三井住友海上あいおい生命/富士火災海上保険/共栄火災海上保険/エース損害保険/NKSJひまわり生命/アイエヌジー生命保険/オリックス生命/全国生協保険代理店会/株式会社日本M&Aセンター/全国社会保険労務士会/その他実績あり

プログラム導入のための費用

ここまで一読いただき本当に有難う御座います。さてこのプログラムについてあなたはどうお感じになったでしょうか。もし、受講をしたいとお考えの方は今、こう考えているのではないでしょうか?

いったい価格は、いくらなんだ?

1つ質問をさせて下さい。
あなたは、このプログラムにいくら払いたいと思いますか?

正直な話、このプログラムの内容であれば、月に500,000円を請求する会社もたくさんあると思います。
では私たちもそうするかというと、

答えはNOです。

私たちの夢は「ビジネスで人々を幸せにする」ことです。そしてそのために私たちが行うべき使命は、スモールビジネスの未来とスモールビジネスオーナーの人生を変革することです。このプログラムを広め、多くの悩める経営者を救いたいと願っております。

そこで、特別な価格でご案内させていただきます。

来社またはWEB会議/月1回コース 128,000円(税・交通費別) 訪問/月1回コース 198,000円(税・交通費別) 訪問+WEB会議/計 月2回 訪問 298,000円(税・交通費別)

「Vision経営プログラム」参加ご希望の方はこちらよりお申し込みください。

無料相談を申し込む
ご相談はもちろん、お電話でもお受けしております。
ご相談はもちろん、お電話でもお受けしております。

Q&A

Q

1回のセッションは何時間ですか?

A:1回のセッション時間はWeb会議・来社型の場合は1時間半、訪問型は3時間です。セッションの進捗度合いにより30分程度延長することもございます。

Q

Web会議は本当に効果がありますか?

A:現在もWeb会議で受講されている方が多くいらっしゃいます。皆さん来社型と相違なく効果を得ています。

Q

Web会議で3人目を受講したいのですが可能ですか?

A:可能です。3人目以降は1回のセッションにつき追加費用を頂戴しております。詳しくはお問い合わせ下さい。

Q

訪問型の場合何人でも受講できるのですか?

A:人数に制限はございません。これまでの実績では3名で参加されることが多いです。また、経営幹部の方以外との共有が必要な場合は、対象となる方がその時だけ参加されてセッションを進めるなど、ご状況に応じて臨機応変に対応させていただきます。

Q

実際の受講生の声を聞いてみたい

動画での受講生の声をお聞きくだい。

株式会社RSコーポレーション 代表取締役 橋本 宏一 様

追記

人間にのみ許された能力。それは「夢を見ること」です。夢の力を体感してください。

このプログラムを受けることであなたは、

ことでしょう。
会社を変革させビジョンを実現させたいあなたとお会い出来ることを心待ちにしています。

無料相談のお申し込みはこちら

STEP1 STEP2 STEP3

以下項目をご入力の上、無料相談のお申し込みをお願いします。は必須です。

会社名(屋号) 例:株式会社ブレインマークス
役職名
お名前
業 種
郵便番号
都道府県
ご住所
例:中央区日本橋蛎殻町1-29-9 7F
電話番号
メールアドレス 例:sample@brain-marks.com
ご希望の受講スタイル

Skype ID Skypeをご希望の方はご入力下さい。
無料セッション希望日時
※2日程のご記入をお願いします。
(例)第一希望日:9月10日 午前
(例)第二希望日:9月13日 16時以降
きっかけ
取り組みたい課題・悩み
ご質問など
【個人情報の取り扱いについて】
株式会社ブレインマークスは、本申し込みにおいてお預りしたお客さまの個人情報を当社が定める「プライバシーポリシー」に従い適性に管理します。

<個人情報の利用目的>
  ・各種サービスのご提供
  ・ご本人確認
  ・当社セミナーに関するご案内
  ・当社が発行するメールマガジン・DM・その他のお知らせの送付

エラーが発生する場合は、info@brain-marks.comまで
お問い合わせ内容をお送りください。

ご相談はもちろん、お電話でもお受けしております。
ご相談はもちろん、お電話でもお受けしております。