DVDお申込みはこちら

地域NO.1予防管理型歯科医院 院長が語る!チェアユニット2台から22台へ成長する予防管理型歯科医院のつくり方

01
予防管理型歯科医院の社会的な意義と、
そこで働くスタッフのやりがいとは?

現在、歯科業界には大きな変革の波が押し寄せています。従来の保険治療だけでは経営が成り立ちづらく、倒産・廃業も珍しくありません。時代の変化に伴い、歯科業界全体のあり方と役割が問われています。

本対談の講師である大月院長が経営する大月デンタルケアは、スタッフ50名以上の地域No.1、予防管理型歯科医院です。医院に訪れる患者さんの目的は虫歯治療ではなく、定期予防。そして、患者さんの治療や対応に当たるのは、ドクターではなく《衛生士》の皆さん。従来の歯科医院経営とは異なる、予防メインの歯科医院づくりによって右肩上がりの成長を実現しています。

この成長の理由を大月さんは、「患者さんが本当に求めているのは予防。それを全うするだけで患者数は必ず増加する」と言います。

02
「歯科は患者さんの健康で
幸せな人生をつくることができる」

歯科は0歳から100歳まで患者さんの人生に寄り添うことができる特別な職業です。それは、医療業界の中でも特異であり、歯科が持つ専売特許でもあると大月院長は語ります。

「虫歯治療をする・インプラントをする、それは付属価値でしかありません。歯科本来の役割は、《口腔全般を通して健康で幸せな社会を実現する》ことです」。とても重要で、意義深い役割ではないでしょうか。しかし、歯科医院が増加するに従いその役割が見失われそうになっているのも事実です。本来、歯科医院はどうあるべきなのか。どのような社会的役割を担っているのか。

このDVDでは、予防管理型歯科医院が持つ社会的意義と、その実現方法について大月院長に余すことなくお話いただいています。

Concept

本DVDは、下記のような院長先生のために作成されました

Performer

出演者のご紹介

対談出演
医療法人 満月会大月デンタルケア   理事長 大月晃氏

1994年に埼玉県鶴瀬駅前に歯科医院を開業。2006年の法改正を受けて、歯科医院の在り方について疑問を持つようになり、国民が求めている「歯科医院のあるべき姿」を知る。そのことをきっかけに、2008年頃から赤字覚悟で予防歯科へ乗り出す。度々倒産の危機を迎えるものの、10年かけて地域No.1の大型予防歯科医院を実現。現在では、予防歯科を目指す医院に向けた研修も行ない、歯科業界全体の変革に尽力している。

インタビュアー
ブレインマークス 代表取締役 安東 邦彦

2001年に起業したものの、社長の孤立、賃上げ交渉、うつ病多発の組織をつくってしまう。良い組織にしようと試行錯誤をするが、組織構築と崩壊を繰り返す。ついには社員ストライキにより9割が退職。そんな中、世界的なコンサルタント、マイケルE.ガーバーに出会う。そのメソッドを実現し、顧客と社員両方に幸せを与える組織に近づく方法があることを実感。「社員とひとつの目標に向かって頑張る組織づくり」を伝えることに力を注いでいる。現在までに支援した企業は500社を超える。

Contents

本DVDであなたが得られる価値の一部を、ご紹介すると・・・

DVD詳細

チェアユニット2台から22台へ成長する予防管理型歯科医院のつくり方

企画・制作

株式会社ブレインマークス
http://www.brain-marks.com

お問い合わせ・詳細はこちら

株式会社ブレインマークス
東京都中央区日本橋蛎殻町1-29-9-7F
TEL:03-6661-1631
MAIL:cnet@brain-marks.com

Contact

お問い合わせ

商品名必須 DVD:チェアユニット2台から22台へ成長する予防管理型歯科医院のつくり方
お支払い方法必須 代引
銀行振込 
医院名必須
役職
お名前必須
郵便番号必須
例>103-0014
都道府県必須
住所必須
例>中央区日本橋蛎殻町1-29-9
建物名等
例>ネオテック水天宮ビル7F
電話番号必須
例>0366611631
FAX
例>0366611633
E-MAIL必須
業種必須
きっかけ必須

弊社からのメールを見て 弊社からのFAXを見て
Facebookを見て 知人に聞いて
その他

お問い合わせ内容

PAGE TOP