中小企業の未来を考える経営コンサル
ティング株式会社ブレインマークス

STAFFスタッフ紹介

クライアントパートナー

前田 沙織SAORI MAEDA

2011年新卒入社

私は就職活動時から、大企業ではなく、いろいろな仕事を担当できる中小企業を志望していました。そんなときに見つけたのがブレインマークスでした。

当時、こんな私でも、ブレインマークスという組織で頑張れば、クライアントである保険代理店や士業の経営者だけでなく、その従業員の皆さんの力にもなれるかもしれない。クライアントがいい仕事ができるよう応援することで、またその先のお客さまへの価値提供にもつながっていく。それがとても面白そうだと思ったんです。

ブレインマークスという会社は、私の入社当時からは予想もつかないほど(笑)、年々いい会社になっている実感があります。それは、代表の安東がマイケルE.ガーバーと出会い、その理論に基づいて実践すると決めたことが大きかったのだと思います。実際に、ドリームやビジョン、コア・バリューの策定と浸透の過程、その他さまざまな取り組みによって、変化を体感し続けてきました。ブレインマークスが変化した体験から、「どんな会社でも変われる」ということを強く感じています。今では、入社間もない頃から貴重な経験できて、本当に良かったと思っています。

現在は、クライアントパートナーや、CSR(お問い合わせ、ご相談、問題解決などの顧客サービス提供の担当者)、各会員サービスの運営、ウェブの運用・管理などを担当しています。そして、環境整備部門の「もっと良くなる会議」の運営では、社内にもっと働きやすい環境を整え、生産性を向上する取り組みに力を注いでいるところです。

今後も、より多くの会社をお手伝いし、働きがいのある働きやすい環境でイキイキと仕事をしている従業員と、そんな従業員のことをいつも想う経営者の役に立ちたいと思っています。日本にそんな会社をもっともっと増やしていくことが、大きな目標です。