ブログ

ブログ

BLOG
blog

2017.10.17

コンサルティング

【6×15 METHOD & SESSION CONSULTING】15年間・500社以上の実績

株式会社ブレインマークス

■6×15 METHOD & SESSION CONSULTING 〜15年間・500社以上の実績から見る原因

 

前回は、同じような課題を抱えている中小企業でも、その原因はバラバラだということをお伝えしました。

 

そうした企業では、経営者とメンバーでは意識も持っている情報も違い、話している次元がどんどんずれていきます。経営者は自分のメッセージが伝わらないと感じ、イライラが増幅されていってしまうのです。

 

だから私たちは、複雑に絡み合った原因がどこにあるのか、何が障害なのかを見極めます。原因が明らかになれば、取り除き方も分かります。

 

 

以前は、コンサルティングプログラムを続けていても、原因を見つけるまでに1年くらいかかることもありました。プログラムを進めていても、なぜかうまくいかない。その理由を現場に求めていくことで、さまざまな原因が見えてきました。

 

私たちはこの経験から膨大なサンプルを知っています。今では3カ月くらいで原因を見つけられるようになりました。

 

過去15年間で500社以上をコンサルティングしてきた実績に基づき、毎回のセッションでの議事録をもとに経営課題を特定します。ブレインマークスの仮説と経営者の認識をすり合わせるため、課題を一覧表にして遠くから眺めるという習慣も。そうして「経営者が認識している課題は本当か?」と考えるのです。

 

考えられる原因を洗い出し、現場へのヒアリングなどを通じて一つひとつ検証します。できるだけクライアントの社員とも接して、明らかになった「リアルな原因」に対処していく。これが私たちのコンサルティングプログラムの根源にある価値です。

この記事をシェアする

おすすめの記事