ブログ

ブログ

BLOG
blog

2020.05.27
ブレインマークスのオープンブックマネジメント

株式会社ブレインマークス

 

今回は、弊社で行なっている
オープンブックマネジメントについてお伝えしようと思います。

 

——————————————————-

 

【オープンブックマネジメントとは……】

従業員に対して、会社の情報を公開し、
データの読み方を教育することで、
全員参加型の経営を行なっていくマネジメント手法のこと。

——————————————————-

 

ブレインマークスでは、
月に一度、専門のコンサルタントの方と一緒に
オープンブックマネジメントを行なっています。

 

内容としては、主に業績予測の追跡と修正です。
1年の始めに立てた業績予測に対して
現状が予測通りに進んでいるのかを確認します。

 

そして、もしズレが生じている場合には、
原因の検証を行ない、
今後の業績予測の立て直しをしているのです。

 

 

毎月大変だな……。
そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも、その大変さをはるかに上回る良いことがあります。

それは、社員の自主性が芽生えること。

 

このオープンブックマネジメントを始めて
社員の意識が大きく変わりました。

 

今までは、自分たちがわかる部分のみの
売り上げの把握しかしていなかったため、
業績に対して、どこか他人事な部分もあったと思います。

 

しかし、オープンブックマネジメントを行なった今、
社員全員が会社の現状を理解することで、
「会社を背負っていく意識」「数字を自ら生み出す意識」といった
自主性が芽生え始めたのです。

 

会社を成長させるという意味が、学びを通して
理解できたのかもしれません。

 

会社は経営者だけではなく、
従業員を含めたみんなのもの。

 

みんなで会社を経営していく意識を持つことで、
自然と個々人に「自主性」が芽生えてくるはずです。

 

オープンブックマネジメントには、
まだまだメリットが隠れていると思いますので、
発見した時には、またお伝えいたしますね。

この記事をシェアする

おすすめの記事