ブログ

ブログ

BLOG
blog

2017.02.20
「生き残る為」ではなく、「未来へ発展していく」中小企業経営を実現する!

株式会社ブレインマークス

「この業界で生き残る為に…」

多くの社長がそのような言葉を口にし、業績を上げる方法やセールス手法を模索します。経営者として抱える責任を考えると、当然のことかもしれません。

しかし、そんな状況にあなたは本当に情熱をかけられるのでしょうか。もしかしたら、経営の本質は違うところにあるのかもしれません。

 

 

 

 

 

さて、突然ですが皆さんにとって、中小企業の経営とはどういうものでしょうか?

大変だ、忙しい、難しい、やりがいがある…いろんな意見があるかと思います。

 

私のところに寄せられる中小企業経営に関するご相談も本当に様々です。

ただ、クライアントから寄せられる相談の一つに「今後の生き残りのために、何をすべきでしょうか?」というものがあります。

 

 

この質問、皆さんはどう感じますか?

 

私はいつもこの質問に対して、その社長の苦労と悲しさを感じてしまいます。

 

 

先日も同様の質問をされました。

そのクライアントは、とても真面目で責任感の強い方でしたので、恐らく

「社員のため、既存のお客様のため、事業を継続し、生き残ることが重要」だと考えての質問だったのだと思います。

 

もちろん、経営者として、社員やお客様のことを思い、なんとか事業を存続させようと考えるのは当然のことです。

 

しかし、この言葉を口にしている社長の表情は、何だかとても辛そうでした。

その表情からは社長の「経営するのが、苦しい」という想いが伝わってきます。

 

それでも、自分の家族のため、社員のため、自分の時間と人生を削りながら働き続けなければならない。そんな重圧に今にも押しつぶされんばかりでした。

 

このブログをお読みの皆さんの中にも、この社長と同じような思いを抱えている方も少なくないのではないでしょうか。私もそんな思いを抱えたことが幾度もあります。経営者になると、誰でも一度はこの思いと向き合わなければいけないのかもしれません。

 

そこで、皆さんに私からお願いがあります。

今回このブログを読んでいる間だけでも構いません。一度、現状から離れ起業当初あなたが目指した会社や生活を思い返してみてはいただけませんか?

 

その上で、なぜ「事業を存続させる」ことが目標となってしまったのかを知り、「経営は楽しい」と心から思える未来をご一緒に見つけ出すことができれば幸いです。

 

 

【起業当初の情熱を覚えていますか?

 

さて、まずは起業当初を振り返って下記の質問について考えてみてください。

 

質問1:あなたは、どんなことを望み起業をしましたか。その当時のあなたは、どんな生活、どんな働き方、人間関係を築きたいと考えていたのでしょうか。

 

 

・ある人は、お金や時間に縛られる生活から自由になりたい!

・ある人は、自分の才能を世の中に役立てたい!

・ある人は、嫌な上司にこびることなく、自分で人生の舵取りをしたい!

・ある人は、自分の才能や力を試してみたい!

 

この質問の答えは、本当に様々だと思います。

しかし、誰もが、チャレンジ精神と将来の夢に溢れていたことだけは確かだと思います。

これから自分の望む人生を自分の手で切り開いていけることへの喜びと楽しさがあなたを満たしていたのではないでしょうか。

 

 

初めてのお客様に喜び、初めて誰かを雇うときにも一緒に頑張ってくれる仲間ができたことに喜び、自分の理想へ進んでいることを感じながら未来へ向かっていたのではないでしょうか。思い返してみると、とても楽しそうに経営に向き合っていた姿が浮かぶのではないでしょうか。

 

あなたの語る夢が、周りの社員に影響を与え、お客様を惹きつけ、事業を拡大しながら存続してきたはずです。

 

自分を信じ、周りを巻き込むパワーにあふれていたあなただからこそ、事業をここまでに出来たのです。

 

しかし、いつからかあなたの表情は険しくなっていき、起業当初の理想よりも「生き残り」を目指すようになっていきました。

なぜでしょうか。何があなたにそこまでの変化をもたらしたのでしょうか。

 

この原因の一つに考えられるのは、いつの間にか「こなすべき仕事」と「目前の問題に対する対策」にただ追われる状況になってしまっていることです。

 

もしあなたが、「生き残り」に心を奪われているなら、一呼吸おいてみて下さい。

「生き残り」ではない「現状維持」ではない、「大きく広がった将来」に再スタートを切りませんか?是非、次の質問に答えてみてください。

 

【チャレンジへの再スタートを切る

 

◆再スタートのための質問◆

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1.あなたの事業は何のために存在していますか?

2.そのサービスは誰のために存在していますか?

3.お客さまにはどうなって(感じて)ほしいですか?

 

 

いかがでしたか?

あなたの事業が今後何をやらなければならないのか、どんな将来に向かって成長していく必要があるのかを思い浮かべることが出来たでしょうか。

 

将来像を描くことにコストはかかりません。しかし、それを描くことによる効果は、計り知れないだけではなく、その将来像こそあなたの会社が再スタートを切るきっかけになるはずです。これは、「社長であるあなたにしか出来ない仕事」です。

 

 

描いた将来を実現するために新たなプロジェクトを立ち上げチャレンジをしてみませんか?あなたの会社と事業がより意義のあるものになり、さらに輝きを増すはずです。

この記事をシェアする

おすすめの記事